花灯り 源氏絵詞

日本画家・羽尻昭山人(はじり しょうさんじん)が京都の四季を綴るエッセイ・俳句

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見せばやな 雄島の海人の 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色は変はらず

<通解>
どうかしてこの袖を見せたいものだ。
あの松島の雄島の漁夫の袖でさえも毎日濡れに濡れているはずなのに
色は変わっていない。
なのに私の袖は恋焦がれて流す涙で色が変わってしまったのだ。

<略歴>
生没年未詳。
後白河天皇の第一皇女亮子内親王に仕えた。

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://shousanjin.blog62.fc2.com/tb.php/436-03a7bfc5

 | HOME | 

プロフィール

羽尻昭山人

羽尻昭山人
1942 - 2017 



ブログ内検索











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。