花灯り 源氏絵詞

日本画家・羽尻昭山人(はじり しょうさんじん)が京都の四季を綴るエッセイ・俳句

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 難波潟 短かき蘆の ふしの間も 逢はでこの世を 過ぐしてよとや

<通解>
難波の入江に生へる蘆の短い節間のやうにほんの僅かの間さへ
逢って下さらないのですね。
恋しい貴方を待ち焦れながらこのまま命果てよとおっしゃるのでしょうか?

<略歴>
生没年不詳
伊勢守藤原継蔭の娘で、宇多天皇の中宮に仕える。

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://shousanjin.blog62.fc2.com/tb.php/295-ac1db8e8

 | HOME | 

プロフィール

羽尻昭山人

羽尻昭山人
1942 - 2017 



ブログ内検索











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。