花灯り 源氏絵詞

日本画家・羽尻昭山人(はじり しょうさんじん)が京都の四季を綴るエッセイ・俳句

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あし引きの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

<通解>
山鳥の長く垂れる尾のやうに暗くて長い秋の夜を今日も一人で過ごすのか…。

<略歴>
生没年未詳
8世紀初めに活躍した宮廷歌人で、万葉集や古今集などに多くの作品を残している。

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://shousanjin.blog62.fc2.com/tb.php/279-15baa417

 | HOME | 

プロフィール

羽尻昭山人

羽尻昭山人
1942 - 2017 



ブログ内検索











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。